大人なら10万円の服を持っておけ!人生を豊かにする大人服の効果

大人服

30歳ぐらいになったら10万円以上する高いブランド服をひとつは持っておきましょう。こうした大人服は人生を豊かにしてくれます。

大人になるきっかけを与えてくれるといってもいいでしょう。

みんなモテたくて高い服を買うと思いますが、でも実際に一番効果が大きいのは大人の自覚が芽生えること。

高い服がもたらす豊かさ

  1. モテ効果
  2. コレクションとしての楽しさ
  3. 大人としての自覚が芽生える

1.高いブランド服のモテ効果

10万円以上するようなブランド服を買うからには、みんな良からぬ下心を抱いているはず。

実際の効果としてはそこそこの威力という感じ。ユニクロの服を着ているよりはモテるようになるけど、思ったほど破壊力がないなと。

外車に乗っていてもモテない人はモテませんからね。それと同じです。多少の加点効果はあるけど、絶対的な劣勢を挽回できるほどではないです。

女性は男性ファッションの知識があまりないし、高い服か安い服かを見抜ける娘もほとんどいません。

だから自分であからさまに自慢でもしないかぎり伝わりにくいのが現実。

せっかく高い服を着ていても若い娘にはそれがわかりません。バブアーのオイルドジャケットなんて女の子から見たらただの汚い服です。

だからモテ効果を狙っていくのであれば、わかりやすいハイブランドで攻めていく手もあります。ヴィトンのバッグを持つとかブルガリの時計をはめておくとか。そういうベタな装い。

でもハイブランドはかなり高価だし、そもそも面白味がありませんよね。

そこで一番のおすすめはジャケパンスタイルなんかの小奇麗な格好。なんとなく上品に見えるから高い服を着ているんだろうなと勝手に思ってくれます。

2.大人のコレクションとしての楽しみ

高いブランド服はコレクション的な楽しみもあたえてくれます。

クローゼットがブランド品でうまっていくのって実際ワクワクします。「今度はあれを買ってここに掛けておこう」みたいな感じで美術品コレクションに近い楽しさがあります。

キン消し集めとかビックリマンシール集めに感覚としては近いものがあります。

サッカーゲーム『ウイイレ』なんかの選手集めにも近いですね。いい選手を集めて最強チームを目指すようなノリです。メッシやクリロナでは面白味がないから、あえてイニエスタやベンゼマで世界一を目指すみたいな。

日本代表を組むにしても香川・本田じゃ面白くないからあえて家長に10番を背負わせて、柿谷曜一朗なんかも加えたりして。

しかしこうしたオリジナルチーム作りの楽しさは、さきほどあげたモテ効果とは完全に逆行します。このあたりはちょっと悩ましいところ。

プラダとかグッチのほうが若い女の子にはわかりやすいですからね。でも面白くない。

男心を刺激するブランドはそうしたバカ高いハイブランドではありません。

さきほども出てきたバブアーのオイルドジャケットだったり、カルーゾだったり、イザイアだったり、オールデンの靴だったり。

家長昭博のようなシブいブランドっていっぱいあります。

コレクションとしての楽しさを追求するのであればこっちが正解。

服は身につけることが出来るから愛着も湧きます。壺とか絵画のコレクションとは一味違った楽しさがあります。

3.大人としての自覚が芽生える

高い服には力が宿っています。大人としての自覚を芽生えさせる力が。

個人的にはこの効果が一番人生を豊かにしてくれるように思えます。女にモテなくてもいいし、コレクションしなくてもいいんです。一着だけ買ってみるだけでいいんです。

その一着がアナタの人生を変えます。

私は30歳のときにはじめて10万円以上するような高い服を買いました。

それ以来なんだか大人としての責任感のようなものを感じるようになりました。高い服を着ている立派な人間として振る舞わねばと。

立場が人をつくるという言葉がありますが、まさにそんな感じです。役職に就いたりすると責任感が芽生えたりするじゃないですか。チームのキャプテンに任命されたりしてもキャプテンらしく振る舞うようになったりしますよね。

高いブランド服は大人になるきっかけを与えてくれます。

立場が人をつくるという言葉のとおり、とくに意識しなくても自然と導かれていく感じ。

しかしこのような効果が起きてくれるのは大人服をはじめて買ったときだけです。2着目以降はなんの作用も起きません。

人生を変える魔法が宿っているのは最初の一着目だけです。

でもこのたった一回の経験が人生を豊かにしてくれます。大人への道を模索している30歳前後の人は、一度大人服の店に足をはこんでみるといいですよ。

まとめ

何十万円もする高い服といってもしょせんはただの布切れです。物自体にそんな高価な価値はありません。

高い服なんて完全に趣味の世界。

でも物って侮れません。バカ高いギターを買ってしまったせいでギター教室を辞めるに辞めれなくなり、ギターがちゃんと弾けるようなった人がいます。ホームシアターセットを買っていらい映画を観るようなった人もいます。

ただの布切れだってちょっとばかりモテ効果をあたえてくれたり、コレクションの楽しさを提供してくれたり、大人になるきっかけをあたえてくれたり。

不思議ですよね。

ブランド服ってお高いのですが、なかなか侮れないほどに人生を豊かにしてくれます。

スポンサーリンク
336
336
スポンサーリンク
336