テーラードジャケットとは?スーツやブレザーとどう違う?

テーラードジャケットとは

テーラードジャケットとはスーツのように上下セットで着るのではなく、違うズボンと合わせることを前提に作られたスーツ風の上着を指します。

そのためテーラードジャケットは上だけの単体で売られています。

上下セットで売られているものはスーツ。上だけで販売されているややカジュアルなものがテーラードジャケット。

そうおぼえておくとわかりやすいです。

スーツは完全にビジネス用ですが、テーラードジャケットはもう少し作りがオシャレ。そのためカジュアルな仕事着にもなるし、デート用にもなるし、遊びに行くときのラフな服にもなります。

スーツ風のラグジュアリーなデザインながら、パンツやインナーとの組み合わせ次第でいろんな変化を楽しめます。

テーラードという言葉に騙されるな

テーラードジャケットとは?

そう疑問を抱く人が多いのはテーラードという言葉が「仕立て」という意味を持つからです。

そのため「オーダーメイドで仕立てたジャケットのことかな?」と思ってしまいます。でもさきほども説明したように単体で売られているスーツ風の上着全般を指します。

言葉の響きからすれば注文仕立てのジャケットだと思ってしまいますよね。でもオーダーメイドか既製服かなどは関係なし。

そもそもテーラードジャケットという呼び名は和製英語です。欧米では使いません。スポーツコートとかスポーツジャケットという言い方をします。

ジャケットというシンプルな呼び名でもよかったのでしょうが、日本でわざわざテーラードという言葉が付いたのは他との混同を避けるためです。

襟付きの上着全般をジャケットと呼びますからね。

ネット通販サイトなどでもよく混乱します。ジャケットと書かれた項目をクリックしてもダウンジャケットとかライダースジャケットまで表示されたりします。

こうしたことを考えるとやはりテーラードという言葉は必要です。

ブレザーとテーラードジャケットの違い

テーラードジャケットによく似たものにブレザーがあります。

ブレザーはテーラードジャケットの一種で、

  • ボタンが金属
  • 胸に大きなエンブレムがついてる

この2つの特徴があります。

ブレザーとは

ボタンが金属というだけでもブレザーという名称で売られていたりもします。線引はいまいち曖昧。日本だけでなく海外でもそこまではっきりとした定義はないようです。

ブレザーの由来は昔のイギリス・ケンブリッジ大学のボート部員が着ていた真っ赤な(ブレザーな)ボートジャケット。それが評判となりどんどん広がっていきました。

今ではそれに似たデザインのテーラードジャケット全部をブレザーと呼んでいます。

日本だけはなく海外でも学校の制服に採用されることが多いブレザー。それを見てもわかるようにそれなりに格式高い服です。本来はカジュアル向きの服ではありません。

まとめ

・スーツ
上下セットで売られているバリバリビジネス用の服。

・テーラードジャケット
上のみ単体で売られているスーツ風の上着。スーツと比較するとオシャレ&カジュアル。

・ブレザー
ボタンが金属で胸には大きなエンブレムのあるテーラードジャケットのこと。

ちなみにユニクロなどに売っている6,980円ぐらいの安いジャケットも一応テーラードジャケットです。

しかし見るからに安物。そのためユニクロジャケットで大人の装いを目指しても安っぽくなるだけ。

どうせならユニクロではなくちゃんとしたお店で3万円以上するものを購入するのがおすすめ。

こうしたテーラードジャケットの注意点は大人のジャケパンスタイル講座!初心者のための3つのポイントでも紹介しています。ジャケパンスタイルに挑戦してみようと考えている人は参考にしてください。

スポンサーリンク
336
336
スポンサーリンク
336